ライスフォース

ライスフォースはお米の力を利用し、肌が本来の美しさを引き出す化粧品です

化粧品の口コミランキング

ライスフォース お米の力で美肌作り

ライスフォース

『米ぬかで肌が白くなる』という言葉をご存じでしょうか?

日本の食卓には欠かせないお米には、実は肌を美しく保つための成分がたっぷり凝縮されているのです。

お米の持つ潜在能力を肌で知っていた日本の女性は、昔からお米のとぎ汁で洗顔したり、米ぬかでパックすることにより、透き通るような美肌を維持してきました。

ライスフォースは、このお米の持つ美容力に着目。お米のエキスに麹菌や酵母、乳酸菌を加え、90日間発酵・熟成させて作り上げた『ライスパワーエキス』を配合することにより、高い浸透性と保湿力を兼ね備えた100%天然化粧品を完成させるに至りました。

もともと食品であるお米からできた成分なので、化学成分でかぶれた経験のある敏感肌の人でも安心して使用することができます。

ライスフォースは発売以来、多くの女性に愛され続け、ついに販売本数は500万本を突破。『'08 Yahoo!BEAUTY あなたが選ぶ通販コスメ大賞』でも続々ランクインを達成しています。

>>ライスフォースはこちら

ライスパワーエキスの実力

ライスパワーエキスは一種類だけではありません。

ライスパワーエキスの製造には発酵過程がありますが、この発行条件を組み合わせることによって、さまざまな効果を持つライスパワーエキスを作り出すことができます

ライスフォースでは、条件の組み合わせによって生まれたライスパワーエキスを、効能によってナンバリングし、用途によって使い分けています。

たとえば、肌に必要なうるおいを与えるスキンケア商品には、ライスパワーNO.11エキスとライスパワーNO.1エキスを配合。

ライスパワーNO.11エキスには、一般的な保湿剤を大きく上回る高い水分保持力があり、塗布前の2倍以上の水分保持力を肌に与える効果があります。

その効果は医薬部外品の有効成分として認められるほど強力で、ライスパワーNO.1エキスによって与えられたうるおいを肌に閉じ込め、みずみずしい肌を維持してくれます。

ライスパワーエキスには、他にもニキビの原因となる過剰な皮脂を抑制するライスパワーNO.10エキスや、肌を優しくいたわりながら毛穴の汚れをきれいに落とすライスパワーNO.2エキスなどがあり、それぞれアクポレスシリーズ(ニキビ肌用化粧品)やメイク落としなどに利用されています。

ライスパワーは独自の発酵技術により超低分子に分解されているので、美容成分が届きにくい角質層にまでぐんぐん浸透し、それぞれの効能を余すところなく発揮します。

お得な10日分トライアルキットでライスパワーを体感

お米の力って本当にいいの?と少しでも興味を持ったなら、まずはライスフォースのスキンケアサンプルがセットになった『深層保湿トライアルキット』のご利用がおすすめです。

初回購入限定の深層保湿トライアルキットは、ディープモイスチュアローション(化粧水)、ディープモイスチュアエッセンス(美容液)、ディープモイスチュアクリーム(美容クリーム)が10日分セットになったお得なお試しセットです。

さらに通販限定として、メイク落とし・UV化粧下地・洗顔料のサンプルもそれぞれ2包ずつ付属して、お値段はなんと1890円。

商品として購入した場合、あわせて5,600円相当にのぼる化粧品が、3分の1の価格で手に入ります。

万が一うるおい感に満足できなかった場合は返品も受け付けてくれるので、お試し感覚で購入できるところも見逃せないポイント。

トライアルキットは数あれど、返品保証付きのキットはなかなか見あたらないものです。ライスフォースの自信のあらわれとも言えますね。

もちろん支払手数料や送料も無料。嬉しい特典満載のライスフォースのトライアルキットは、従来のスキンケア商品のうるおい力に満足できなかった人にこそおすすめしたい一品です。

ライスフォース トライアルキットの口コミ

32歳|女性|
評価☆☆☆☆☆5
化粧水の浸透がすごい!肌に染みこんでいくのがよくわかります。何日間か使用しただけなのに、たるみによる毛穴がなくなりました。あまりの良さに、友人たちにもサンプルを勧めたら、そのうち二人も現品購入したようです。
25歳|女性|
評価☆☆☆☆☆5
TVCMや雑誌で話題になっていたので、試しにとトライアルキットを購入してみました。化粧水はぐんぐん肌の内部に浸透し、モチモチと吸い付くような感触がたまりません。美容液もとても伸びが良く、肌がふっくらしてきます。使い始めて2週間目に入る時には、キメが整いだして肌が明るくなりました。肌荒れも改善したし、翌朝の洗顔後、肌がふっくらモチモチして吸い付きそうなくらいうるおっていたので感動してしまいました。
ライスフォース ⇒ライスフォースの公式サイト